講師紹介

タイヨガ(タイ古式)ボディーワーク講師

teachers_chongkol

CHONGKOL (JOHN) SETTHAKORN

ITM創始者
チェンマイタイ古式マッサージ協会会長

チェンマイスタイルタイ古式マッサージを、
効果的に習得するカリキュラムを作り上げた先駆者の一人。

タイ古式マッサージに太極気功と太極拳の動きを組み合わせる事で、
すばらしい癒しの芸術を作り上げました。

20年にわたり、チョンコールは世界中の人々にタイ古式マッサージを教えてきました。
1992年、タイ古式マッサージの技術を世界的に広める為に、
ITM(インタ-ナショナルトレーニングマッサージスクール)をタイに設立。

チョンコールはチェンマイにあるShivaga Komarpaj School (旧オールドメディスン)の校長を
6年間(1985年-1991年)務めており、
その経験からチェンマイスタイルタイ古式マッサー ジの理論と手順を作り上げ、
現在そのスタイルはチェンマイスタイルのスタンダードとなっています。

またタイ健康省(厚生省)よりタイ伝統医療の先生として認可を受けており、
2001年、“Nuad Bo-Rarn, Ancient Massage of Thailand” を,
妻のアチャラーセッタコーンと共同で出版しました。

健康やマッサージに関する、国際的なシンポジウムやセミナーにも、
何度も招待を受け、参加しています。

1991年、アメリカ、カリフォルニア州、サンディエゴにある、インターナショナルプロフェッショナルスクールオブボディーワーク(IPSB) にゲスト講師として
2000年、ギリシャ、アテネで行なわれた、CIDESCO European Congress and Exhibition 2000に、ゲストスピーカー及び講師として
2003年、スイス、ジュネーブにてタイ古式マッサージのトレーニング講師として
2000年、タイ、バンコクのメトロポリタンホテルにある、COMO Shambhala Spa のセラピストのタイ古式マッサージトレーニングの講師として
2009年、チェンマイインターナショナルヘルスプロモーションミーティング2009の ゲストスピーカーとして
2009年、イスラエルの Wingate Institute, Israel’s National Centre for Physical Education and Sportにてアドバンスタイ古式マッサージの講師として

細川絵巨 Hosokawa Emi

細川絵巨(ほそかわえみ)

タイ国政府教育省・保健省認定校ITMティーチャー、アドバンスプラクティショナー

10年以上に亘り、マッサージセラピストとして活動。
ヒーリングアートとも評される、伝統的なヌアッドタイの本質に触れ、学びを深めるため、その後、タイ・チェンマイへ移住。

タイ政府認定校である、ITM(International Thai Massage Training)のチェンマイ本校の常勤インストラクターとして、Level1,2、及び、講師養成プログラムであるCAPTティーチャートレーニングを担当。

女性であることを活かした、やわらかいタッチングと、セラピストへ負担とならない、心地よく優しい身体の使い方を伝え続けている。

teachers_rie

桑原りえ(くわはらりえ)

タイ国政府教育省・保健省認定ITMティーチャー、アドバンスプラクティショナー
EMBA認定エサレンボディワーク®プラクティショナー
プライベートサロンRietreat(リエトリート)運営

2003年よりセラピストとして活動開始。
米国EMBA認定エサレンボディワークプラクティショナーとして数多くの施術を行う中、『ITM (International Training Massage School)』のタイヨガ(タイ古式)ボディワークメソッドと出会う。

ヒーリングアートともなる美しい動き、セラピストへのセルフセラピーとしてのその手技療法に魅了され、2012年、『ITM (International Training Massage School)』にて、Level1、Level2のティーチャー資格を取得。
以降、2年間で200名以上の卒業生を輩出し、『ITM新宿』スクールメイン講師として活躍。タイヨガ(タイ古式)ボディワークを広めるため、海外アパレルブランドや、カルチャー雑誌等ともイベントを共催。

現在はアドバイザーとして実際の施術シーンで役に立つトピックスを散りばめた、初心者にも分かりやすく丁寧なトレーニングを監修。